大屋 繁

経理部長

大屋 繁SHIGERU OYA

経理/癒し

株式会社デックの経理担当。言わずと知れた、社長:大屋慶太のパパ。地元の大手電力会社…というか中部電力を定年退職後、旅行・習い事・ボランティア活動にいそしむなど、悠々自適の生活を送る。「そろそろ旅行とか飽きちゃったナ」と思いはじめた頃、息子から「パパ、ボクの会社の経理を手伝ってヨ」とのおねだりを受け、ボケ防止もかねて週1回デックへ通うようになる。ヒマな日曜日には奥さん同伴でデックの掃除にやってくる、心優しきパパである。

INTERVIEW

ー どんな習い事をしているんですか?

篳篥(ひちりき)とか、篠笛(しのぶえ)って知ってる?管楽器なんだけどネ。あとは大正琴とか、そんなのを習ってるヨ。あと、最近ではマジックにもはまってるんだヨネ。

ー それは、どこかで発表とかするんですか?

ウン、ボクはボランティアサークルに所属していて『ジジババの会』って言うんだけどネ。そこの仲間と一緒に老人ホームで公演してるんだ。音楽を演奏したあとは、マジックを披露したりなんかしてネ。

ー デックではなんと呼ばれているんですか?

みんな『しげるさん』って呼んでくれるヨ。なんか新鮮で嬉しいネ。

ー 息子さんのことはどう思っていますか?

あの子は少しアホなところがあるでしょう。だから心配だネ。ボクみたいにサラリーマン人生を送った人間からすると、どこかの会社に入って給料取りになってもらったほうが、親としては安心なんだけどネ。でも、社長として自分で会社を切り盛りしてるんだから、たいしたモンだと思う。そんな気持ちもあるんだよネ。

ー 息子さんに説教なんかもするんですか?

本人が選んだ道。もう大人だし、ボクは見守るだけ。

ー 話題を変えます。野球はどこのファンですか?

もちろん中日。応援団にも入っているんだヨ。名前は……、あ、忘れちゃったな。でも、名古屋ドームには毎週のように通っているヨ。